こだわり

  1. ホーム
  2. >こだわり

銀之塔の歴史

代々引き継がれてきた伝統の味。和牛をじっくり煮込んだ和風だしのシチューは一度食べたら忘れられない味になります。

かつて、東京・銀座は作家や文化人が集まる街でした。1950年代の前半、東銀座にパリの有名レストランのシェフ直伝というシチュー専門店『銀之塔』がオープンしました。これが銀之塔の歴史のはじまりです。

創業者の平井光子が、パリの有名なレストラン『トゥール・ダンジャン』のシェフからシチューの作り方を伝授され、店名をそのまま邦訳、『銀之塔・平井』の店名でオープンしました。当時はわずか7坪のミニレストランでしたが、パリの味と評判を呼び、たちまち各界の名士に愛用される有名店となりました。

そんな歴史のある銀之塔と私が出会ったのは、学生時代のアルバイトがきっかけでした。

オーナーの光子・静子姉妹に腕をかわれ伝統の味を守っていくようにと徹底的に味を仕込まれ、暖簾分けとして、ここ京都祇園に店を持つことになりました。

和風仕立てのシチューに魅了され、それ以来約25年間伝統の味を守り続けております。

当店のシチューの魅力のひとつに(和風であること)があります。

シチューと言えば洋食のイメージがあると思いますが、小さいお子さんからお年を召した方までみなさまに食べやすいよう、親しみやすい味になるよう、和風仕立てになっております。

シチューといえばパンという固定観念を捨て、ご飯と香の物と一緒に召し上がっていただきます。

『シチューとご飯では合わないのでは?』そうお思いのかたはぜひ召し上がってみてください。

新しい味に出会えることでしょう。土鍋に入ってふつふつと音を立てるビーフシチューのまろやかさ、香り、箸でも切れる肉の柔らかさとあつあつのご飯、各界の名士が愛するのも納得の逸品です。

ビーフシチュー専門店 銀之塔
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側537
零八ビル2F( 地図
TEL:075-531-9509
営業時間:11:30 ~ 20:30
定休日:年中無休